トップ

AGA治療はHARG

薄毛の悩みに新治療を!|AGA治療はHARG

最新のAGA治療を知りたい!

私は、以前から薄毛に悩み続けてきました。
現在38歳ですが、生え際と頭頂部の両方から薄毛が進行しており、病院嫌いの私は自宅での治療を約一年行なってきました。

しかし、それは決して順風満帆なものではありませんでした。
自宅ではなかなか改善できないのが現実です。でも髪を蘇らせたい!

そこで更なる情報を求めて参考にした情報たっぷりなサイトはこちらです。


そしてやはり大事なのは恐れず専門治療を受けることだと気付かされたのでした。


私の最初の自宅治療は1000円程度の育毛トニックから始まりました。これは、当然ながら効果なしでした。

食事、睡眠、運動、ストレスなどの生活習慣も薄毛に大きな影響を与えることを知り、それも実践しました。
確かにファーストフードは好きですし、睡眠時間もどちらかというと少なめで、運動はせず、ストレスも抱えていたからです。

良質なたんぱく質を取り、睡眠は8時間に増やし、ウォーキングをし、ストレス解消にも努めました。しかし薄毛は進行しました。

究極の選択は薬の使用でした。プロペシアの存在は以前から知っていたからです。
個人輸入でインド製のフィンペシア(プロペシアの後発品で安価なもの)も試しました。
これは若干の効果を実感できましたが、あくまでも「進行が遅くなったかな?」という程度のものでした。

このように、自宅での治療ではたいした結果は得られませんでした。


・追い詰められた薄毛
私の薄毛は最近では進行が著しく、妻も心配するようになりました。

そればかりではなく、偶然見たネットニュースで驚愕の事実を知りました。
「M Style」が今年7月に女性100人に対して行ったアンケートを見たのですが、そのアンケートによると驚愕の事実が発覚しました。
多くの女性はおでこが後退していると明らかに見て取れる場合に、「薄毛だ」と判断しているというのです。

私の場合、生え際も後退しているので、追い詰められた気がしました。
精神的に追い詰められただけではなく、薄毛の拡大によって生えている部分も実際に追い詰められています。

これは早く治療しなければならない、自宅治療をしている場合ではないと思うに至りました。


HARG治療とはどんなもの?




TVCMなどから、「薄毛の悩みは病院へ」として、クリニックなどでAGAの治療が受けられることは知っていました。
でも私は生来病院嫌いであるため、いかにAGAであるといえども病院にはできるだけ通いたくありませんでした。

しかし、上記の様な理由からそうも言ってはいられないと思い、インターネットでAGAに関する治療法について色々調べていると、最新の治療に「HARG治療」というものがあることを知りました。

どのような治療方法かというと、頭皮に薬液を塗布する、薬剤を服用するなどといった従来の改善方法ではなく、頭に栄養分を注射する方法であり、頭皮に直接働きかける方法だとか。

どうやら、これが現在最も効果がある治療法のようです。
これしかないのかも。そう思った私はさらに情報を集めるのでした。

© Copyright 薄毛の悩みに新治療を!|AGA治療はHARG. All rights reserved.